看護師の職場環境

看護師の中には人間関係で深く悩んでしまい精神的にきつくなり鬱のようになってしまっている方もいるくらい、看護師の人間関係は悪いと言えるらしいのですが、なぜそこまで人間関係が悪化してしまうのでしょうか?
一般的にどんな職場であっても、人間関係は割と重要です。看護師という職業においては男性看護師が増えてきたとはいえ、全体の95%が女性の業界ですから、働く職場環境も女性主体になってしまい、その中で女性特有の人間関係づくりというのが悩みの原因になっていると言えるようです。
もちろん、人間関係のいい職場で、悩みなく働いている看護師も居ます。人命を預かる「命の現場」であるため、病棟により多少緊張感がありピリピリしているというのはわかりますし、責任感を常に持っていなければならなかったりすることから精神的にも、体力的にも厳しい仕事でストレスがたまるというのもわかります。お互いがお互いの事を考える余裕がないのかもしれませんね。
新人は先輩の意見をしっかり聞いて学ぶ姿勢を大事にし、先輩も新人や後輩に対して、きちんと教えてあげたり、聞きやすい雰囲気をだしてあげたりと、お互いが人間関係をよくしようと努力しないと、いつまでたっても人間関係の悩みが改善されず、そういった状況はいつしか患者にも伝わってしまい患者の治療にも悪影響を与えかねません。患者により良い環境で治療に専念してもらうためにも、またみんなが気持ちよく仕事に集中できるように、心掛けていかなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です